仮面ライダージオウ EP39『2007:デンライナー・クラッシュ!』

仮面ライダージオウ EP39『2007:デンライナー・クラッシュ!』

感想です。


中村優一といえば、響鬼にも出演していましたが、電王でのほうが第二のライダーとして活躍していたので、


「仮面ライダー響鬼]」編で桐矢京介として出演したのをみて、


「ああ、電王編では出ないのね。」

なんておもっていたのですが、前回の予告で桜井侑斗がでていたから、

「あれ、さっき出たばかりなのに、違う役で間髪入れず出演て、ちびっここんらんしないかな?」

などとおもっていたら、ソウゴが見事に突っ込んでくれていましたね。


思わず笑ってしまいましたよ。(笑)


でも、若い侑斗は電王では過去から来たひとだったよね。

今はもう今の人なのでは?

と思ったのは自分だけですか(笑)



というわけでジオウも残りわずかです。

最終形態まで進化したジオウはどうなるのか。

自分滅ぼしたら過去のソウゴはどうなるのか、たのしみです。


そういや、ディケイドの門矢士{ツカサ}は、声変わりしたよね?

ディケイドの本放送の時、声が高くてハスキーだった印象があったのに、ジオウに登場したときには声が低温で落ち着いてたので、

「誰?」

とおもったのですが、二十代で第二次成長期?(笑)


それからハッピーセットもちろんゲットしました。

画像



ローソンのスタンプラリーもフルコンボ

第一ステージト第二は、がぶってもいいと知りナントかコンプ

セブンハあほみたいにあるのにローソンはないので苦労しましたよ。



仮面ライダージオウ DXグランドジオウライドウォッチ
バンダイ(BANDAI)
2019-06-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト