海賊戦隊ゴーカイジャー 第43話 「伝説の勇者に」

海賊戦隊ゴーカイジャー 第43話 「伝説の勇者に」感想です。


今週は、首と腰が寒さにやられたせいか痛くて、パソコンまともに触れないので感想は手短に。



ドントッコイヤーさんの、勇者伝説は出まかせだった。


というのはなんとなくわかっていましたが、ナビィが意外に熱い鳥だったのには、びっくりしましたね。

だってドンに平手打ちしたんだもん。

まあ、あまり熱くなりすぎて焼鳥にならんよう気ぉつけて(笑)



それはともかく、つかまったマベちゃんが公開処刑されてしまうのを阻止すべく。

ダマラスのもとへと向かうドン。

無謀かと思われたものの、ゴーカイジャー七人目の戦士。熱き鳥ナビィ、と協力して、見事マベちゃん救出

「どんな作戦があるんだ」

と尋ねるマベちゃんに。

「ぼくにできることをするだけだ」

というドンハカセ。


何ができるかを考える前に、できることをやる。

というのは、ホント大事なことだと、今回のお話を見てて思いましたね。

まあ、ジョーたちがもっと早くマベちゃん救出に来ていれば、ハカセは苦労しなかっただろうに、とはおもいましたが(笑)

けど、ハカセひとり(ナビィもいたけど)だからこそ、ダマラスも油断したのかもね。


そして、忘れちゃいけないのが、バスコですよ。

やはりバスコはまだまだ謎が多いですね。


マベちゃんたちをたすけたのも、大いなる力を手にするためとか言ってたけど、

ホントにそれだけなのか?

つか、ダマラス倒しちゃったら、他に敵いないんじゃ・・・・・・・・。



そしてそして、来年の映画の新しい映像が流れましたね。

みてるだけで、興奮しますな

この、ギャバンやってた人。戦隊ものにも出てた気がするけどなんだったかな。