海賊戦隊ゴーカイジャー 36話 「相棒カイゾク」

海賊戦隊ゴーカイジャー 36話 「相棒カイゾク」感想です。


今回は前回の続き。

ガイアークの害統領(二代目)ババッチードの罠にはまり、ヒューマンワールドに戻れなくなってしまったところからスタート。

本来なら、スピードルたちはいろんなワールドを行き来できるらしいが、チラカシズキーとの戦闘で体が小さくなってしまい、それができなくなってしまった、ということでしたが。

前回チラカシズキーを倒したはずなのに、どうして元の大きさに戻れないのでしょうねぇ?


それはともかく、スピードルのグレた子供、マッハルコンは大きいままなので、ヒューマンワールドに移動できるかも。

ということで、グレた息子のいるマシンワールドに行ったわけですが。

マッハルコンがいうことを聞かない。

ということで、ゴーカイジャーたちが豪快にマッハルコンを攻撃

なんて、むちゃくちゃ・・・・、いや、豪快な人たちなんでしょう。(笑)


そんな愛の鞭作戦がきいてかどうか、マッハルコンが海賊の相棒になることに。


しかし、グレて暴走していたのと、改心して海賊になる のって、どっちがいいんだろうね(笑)。


そんなこんなで、マッハルコンの力を借りてヒューマンワールドに戻ってくると。

なんと、ザンギャックとガイアークがコントをくりひろげております(笑)

えらく珍しいものが見れたので、今回これだけで満足(笑)


しかし、敵に侵略されるわけにもいかないので、ゴーカイジャー、ゴーオンジャーになって戦闘開始。


そして巨大化したババッチードに、相棒となったマッハルコンを呼び出し?

ゴーオンゴーカイオーに合体!!!

みごと、ババッチードを撃破したわけですが。



36話 で新ロボ、マッハルコンが登場はびっくりしましたが。

ゴーカイジャーのロボットが、五体別々に行動するシーン、初めて見たような気がしますね。

というか、マッハルコンと合体する時、ルカとアイムの担当マシンはどこに行ったんでしょうね。(笑)

つか、街中でこのかっこう動きにくくない?(苦笑)

そして、ガイにも、走輔という、お笑仲間ができたようでよかったですね(笑)


さあ、次回はバリゾーグが登場で、ジョーも活躍するみたいだし。

次回も楽しみ