ドラゴンボール カイ KAI 改 第66話 「1つに戻る時が来た…ピッコロ最強への決意!」

ドラゴンボール カイ KAI 改 第66話 「1つに戻る時が来た…ピッコロ最強への決意!」感想です。


ドラゴンボールカイ

来週は、もうやつが登場するので、久しぶりに感想を書いてみようと思います。


5月12日に人造人間が現れ、早三ヶ月経ちました(笑)

編集されているので、ヤムチャの復活が速かったり、

トランクス他、キャラクターの百面相がきになったり、ならなかったりはしますが。


それ以上に気になったところといえば。


悟飯が悟空の病状を気にしているというのに、ブルマがトランクスのオムツをノン気に変えたり、

家に連れて帰れ。


とわがまま言って、空気読めない人になっているところですね。


原作では、ブルマはこんな自分勝手な事をする人では断じてなく

あくまでアニメのオリジナルシーンとして入れられた場面なので、改のアニメではカットされるとばかり思っていたのに入っててびっくりです。。



それとこれどうしても気になってたことなんだけど。

未来のトランクスの少年時代の人造人間との戦いが、アニメのオリジナルの特番として作られたことがありますよね。







↑これがあったからトランクスは未来から過去にやってきたんだけど。

トランクスが過去にやってきたことで、今、戦っている人造人間17号と18号が、

トランクスが未来で戦っていた人造人間ほど凶悪さは感じられない。

つまり、同じ人物なんだけど、違う性格になってたでしょ。


それがよくわかるのが

17号と18号は車に乗りたがったり、服を代えたがったりするシーンですよ。


悟空を殺すために作られはしたけれど、人間らしさを感じさせることで、今の17号と18号は未来の奴らほど凶暴性を感じないのに。


上のアニメのスペシャルでは、人間臭い上に残虐という、原作での設定を根底からが覆した設定になってたでしょ。


ここがどうしても気になっててしょうがなかったんだよね。


脚本書いた人、原作本当に読んでんのか、てね。


アニメのブルマの自己ちゅうぶりみてて、オリジナル設定はきちんと原作踏まえてないとだめだなぁ、とおもった。



さあ、次回はいよいよセルの影が見え隠れしてきましたね。

これ原作でリアルタイムで読んでいた時は、

このシーン。

恐怖のあまり、本当に鳥肌たったからね。


みんなも、覚悟して見るべし


そうそう、新エンディング、

オリコン一位おめでとう



心の羽根(ドラゴンボール改)~「ドラゴンボール改」エンディングテーマ
コロムビアミュージックエンタテインメント
2010-07-21
チームドラゴン from AKB48

ユーザレビュー:
心の羽根(DB改ジャ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 心の羽根(ドラゴンボール改)~「ドラゴンボール改」エンディングテーマ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル