ドラゴンクエスト5 プレイ日記 DS版 その10 ラインハットへの道 愛しい人との別れ

ドラゴンクエスト5 プレイ日記 DS版 その10 でございます。



前回妖精界の事件を見事解決したトンヌラくん。

サンタローズに戻ってくるとサンチョからパパスがラインハットにでかけちまったよ

ということを聞かされます。

「どこいっていたのですか、散々探したのですよ」

と慌てふためいているはずなのに、ベラからもらった桜の一枝をみると

部屋に飾っておきましょう。

とのんきに花を生けに二階へと上がって行くサンチョさん。


ほんとうにトンヌラを探していたのかとつっこみたくなりますな(笑)


で、ベラからもらったこの桜の一枝は、サンチョに渡しても、渡さなくても話には何ら影響はありません。

渡しても、すぐ二階に上がって机の上の桜を調べれば、ふたたびゲットできるし。

この時手放していたとしても、後々訪れた時に家の地下にくれば、ゲットできます。


その時、仲間キャラをつれていた場合話しかけると、桜の一枝の会話がかえってきます。
(今のところヘンリー、ビアンカ、サンチョ確認しました。サンチョの会話は泣けます。)



それはともかく、我が子を置いていったパパスを探し(正直置いていってほしかったというところもありますが)

今回の目的地、ラインハットへ

スーファミの時もおもったのですが、川岸にたたずんでいるおじいちゃんに話しかけた後の演出は、これから起こることの迷走のようにもみえて、なんだか切ないですね。

でラインハットへつくと。

わがまま妖怪ヘンリーとの出会いがあります。

ヘンリーがわがままなのも、すべて理由があって。

それが本人の意思とは関係なく、他者によって無理やり環境を変えられるのはこわいですよね。


そしてここ。ラインハットでは、愛しい人との別れ が訪れることになります。


このシーンは本当にショックだったもんね。

物語の感動もさることながら、バックに流れる曲がまたいいんだ。

はじめて買ったゲーム音楽は、ドラクエ5のCDですよ。

それくらい感動できるイイ曲がおおいよね、ドラクエは。


でも、正直このシーン。

DSの小さい画面では感動がちとものたりない・・・・・・・・・。


これDS版しかやったことのない人はぜひ、大画面PS2などであそんでほしいね。


それにしても、ラインハットの天井裏、やけに安っぽいのは・・・・気のせい?(笑)


というわけで少年期編はここまで。

次回からは、新たな出会いてんこ盛りの青年編スタートです。


交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁
交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁すぎやまこういち ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 すぎやまこういち

キングレコード 2009-10-07
売り上げランキング : 5682

おすすめ平均 star
starロンドンフィルによる名盤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools