レ・ミゼラブル 少女コゼット第46話 ジャベールの正義

レ・ミゼラブル 少女コゼット

第46話 ジャベールの正義感想



ついにジャベールにつかまってしまったジャン

だが、マリウスだけは助けてほしいと頼み馬車へ


その中でジャンの過去が語られました。

たったひとつのパンを盗んだだけで暗い監獄に鎖でつながれ、罪を償い牢をでても、人々の目は冷たかった。

心身ともに疲れ果てたところに大司教様と出会い、行く末に迷っているときに出会った少年。

誤解がいらぬ罪を生んでしまったことを悔いたジャンは変わることを決意した。




つまりジャンは、お金で遊ぶという、罰当たりなことをした少年が誤って手から落としたお金が たまたまジャンの足元にころがったのにもかかわらず、

「おじさんボクのお金返してよ」

とわけのわからぬことをいわれ、挙句の果てに盗人よばわりした思い込みの激しい少年のおかげで変われたということなのですね(笑)





しかし、それを聞いせいかジャベールはジャンを逃がしてしまいました。


自分は正義だ

間違いを犯すことなどあるはずなどない、

とジャンを逃がしてしまった自分に激しく動揺し、橋から飛び降りようとしたとき、朝日がジャベールを照らしたのです。


それはいつもと同じ朝日のはずなのに、いつもとまったく違う朝日でした。




ジャベールは罪を犯した両親に変わってほしかった。

罪を犯したものでも変わることができる。

ジャンがそれを証明してくれたのです。



ジャベールの涙がジャンによって救われたことをあらわした、いい場面でした。





こうして、ジャンの心配事がひとつ解決しましたね。


しかし、マリウスのほうはまだまだ修羅場のようです。

頑固なひねくれ爺をもつと苦労するよな・・・・・。



レ・ミゼラブル 少女コゼット 13 [DVD]
バンダイビジュアル
2008-05-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レ・ミゼラブル 少女コゼット 13 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル