レ・ミゼラブル 少女コゼット第44話 未来へのともしび

「レ・ミゼラブル」少女コゼット

第44話 未来へのともしび


前回銃弾を受けたガブローシュ は、コゼットとシュシュのおかげでなんとか一命を取り留めることができました。

コゼットがガヴローシュを心配するように、コゼットもまた、多くの人に心配されていることを知り無茶をしないことを誓う。


一方アビスの友。

仲間プルーヴェールが捕らえられ、銃弾に倒れた。

仕返しにジャベールを撃とうとするのだが、ジャンに止められ、ジャベールの処遇を任せることに。


だが、ジャンがジャベールにしたことは、彼を解き放つことだった。



ここで、はじめてジャベールの過去が明かされましたね。

犯罪者であった彼の両親は、罪を償うことはせず、罪を重ねた。

だから、罪人であるジャンは罪人のまま変わるはずない、両親と同じように・・・・・・



だから、罪は絶対に許さない 



この断固たる意思がジャベールをつくり、築き上げてきた。


だから、もし、ジャンがかわってしまったのなら自分が今まで築き上げてきたものすべてが崩壊してしまう。

ジャベールがジャンに固執する理由は、ジャンの存在自体が恐怖なのでしょう。



変わることを願いながら、変わることへの恐怖を自分に感じているから・・・・・。




そして、ものがたりは戦いの決着へむかいます。



つかの間の休息の中、ジャンはアンジョルラスに生きることを願います。


しかし、アンジョルラスが選んだことは戦い死ぬことだった。



自分のしてきたことは未来へのともしび としてつながること を信じて・・・・・。




ついに、アビスの仲間たちが倒れなくなってしまいましたね。




飢えで苦しみ、悲しい思いをする人々がいなくなることをねがった戦い


彼らの意思は確実に未来へとつながってほしい。




しかし、彼らの願いは今を生きるこの世界でも まったく変わっていません。


それがくやしくて、かなしくて、今回は番組をみていて、涙があふれてとまりませんでした。

今回のお話はとても、考えさせられました。




さあ、次回のものがたりはマリウスくんとジャンにまだまだ危機が迫ります。

たのむから、幸せになってくれ

世界名作劇場「レ・ミゼラブル 少女コゼット」Sound SketchII
インデックス ミュージック
2008-01-09
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界名作劇場「レ・ミゼラブル 少女コゼット」Sound SketchII の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル